100円均一首輪のパーツを再利用♪かぎ針編みの猫さんの首輪を簡単ハンドメイド!作り方をご紹介します。

首輪嫌いの猫さんにも無理なく着けてもらえる「やさしい首輪」を!

をコンセプトに、かぎ針で編んだハンドメイド首輪を制作、販売している「アトリエ・クルミィ」です。

現在は主にminne(ミンネ)とCreema(クリーマ)に出品しています。

目次

アトリエクルミィ


今回は古くなってしまった首輪のパーツを使ってかぎ針編みの首輪を作ってみました。

大好きな猫さんに手作りの首輪をプレゼントしてあげましょう♪

100円均一の首輪パーツを使ってかぎ針編みの首輪を作ってみよう!

ダイソーやセリアなどの100円均一の猫の首輪って素敵な物も多いですよね。

でも首輪って消耗品なのでいつかはボロボロになってしまいます。

普通はボロボロになった首輪を捨てて、新しい首輪を着けてあげる事になると思います。

ただ、ここでちょっと待ってください。

その首輪で使っているパーツ、捨てるのはもったいないです。

パーツだけを取り外してかぎ針編みの首輪にリメイクしてみませんか?

リメイクというよりはパーツの流用ですが、ただそのまま捨ててしまうのは本当にもったいないです。

かぎ針編みの首輪にして楽しんじゃいましょう♪

100均首輪パーツの再利用はお得!

猫の首輪をハンドメイドで作ろうと思ったらパーツ集めから始めなければなりませんよね。

バックルやアジャスターなどのパーツは結構特殊な商品なのでネットで買う事になると思うのですが、送料などもかかるため1個からお手軽に購入!というわけにはいきません。

使い古した100円均の首輪であれば100円で首輪作りに必要なパーツのすべてが揃っている状態です。

ベルト部分はボロボロになりますが、パーツ自体はよっぽどの事が無い限り、きれいなままだと思います。

パーツは首輪1本分しか必要ない場合も、ネットで買うと何百円も送料がかかって、全てそろえるのに1,000円以上かかったりします。

100均首輪のパーツを使えばパーツ集めが100円で済むのでお得です!あとは毛糸とかぎ針さえあればすぐに作れちゃいます。

ハンドメイドをやっていると100円で首輪が販売できるダイソーやセリアがいかにすごいかを思い知ります。

今回はこのダイソーの100円の首輪パーツを再利用して、かぎ針編みの首輪を作ります。

よかったら皆さんも挑戦してみて下さいね♪

用意する物

まずは100円均一の首輪を用意し、ここからパーツを取り外します。

猫の首輪

きれいに見えますけど、結構くすんでよれよれになっています。

もちろんこのまま使ってもよいのですが、思い切ってパーツを外します。

ハサミで簡単に外すことができます。

パーツ

今回はこのアジャスターとバックルを使います。

材料備考
ボロボロになった首輪バックル、アジャスターがついている100均の首輪。
毛糸4号から6号のかぎ針が推奨の毛糸。
毛糸用とじ針。これも100均で買えます。
毛糸の色と近い色の糸
ハサミどんなハサミでも大丈夫です。
クリップ2つご用意ください。首輪の仮止めで使います。
毛糸
100均の毛糸
パーツ
パーツ・かぎ針・とじ針・クリップ・ハサミ


かぎ針はチューリップのエティモがおすすめ!

こちらのセットは私も愛用していて、今回もエティモのかぎ針を使って編んでいます。

とても編みやすく、きらきらのゴールドがかわいいかぎ針です。

これからかぎ針を始めようと思っている方にもおすすめです。

編み針 『ETIMO (エティモ) クッショングリップ付きかぎ針セット プレミアムゴールド』 Tulip チューリップ

価格:9300円
(2024/5/13 22:05時点)
感想(113件)

作り方

STEP
ベースの鎖編みを70目編む

今回はシンプルに1種類の毛糸で編んでいきます。ミックス糸なのでかわいい柄に出来上がる予感がします♪

まずは鎖編みで70目編んでいきます。

かぎ針



これが70目編み終わった状態です。

かぎ針
STEP
細編み1段目を70目編む

鎖編みのベースに細編みで70目編んでいきます。

まず最初に立ち上がりの鎖を一目編みます。

かぎ針


立ち上がりのくさりの隣の目の裏山を拾って細編みをします。

かぎ針


ここから70目、どんどん編んでいきます。

猫の首輪
STEP
細編み2段目を70目編む

1段目を70目編み終わったら、2段目をステップ②と同じように細編みで70目編んでいきます。

かぎ針
STEP
糸の始末をしてベースの完成

ステップ③の細編み2段目を70目編み終わったら、糸端を20cmほど残してカットし、糸を引き抜きます。

猫の首輪


これで本体部分は完成です。

完成
STEP
アジャスター取り付け

首輪本体にアジャスターを通します。

アジャスターを通した後は外れないようにクリップで止めておいてください。

猫の首輪


次にバックルに首輪本体を通します。

猫の首輪


次にバックルに通した首輪本体の端をアジャスターを縫い付けます。

猫の首輪


最後にバックルを縫い付けます。

猫の首輪


バックルを縫い付けたら糸端を始末します。

猫の首輪


最後に始末した糸端をカットして・・・

猫の首輪


ついに完成です♪

猫の首輪

出来上がった首輪を試着!

猫の首輪

どうでしょう?

わが家のモデル猫くるみさんに着けてもらいました。

シンプルだけど、とってもかわいい首輪になったと思います。

毛糸で編んでいるのでとても柔らかく、元のベルト素材よりも猫さんの首輪割の負担も少ないと思います。

今回はシンプルな編み方で作ってみましたので、かぎ針ができる飼い主さんであれば簡単に作れると思います。

かぎ針をやった事が無い飼い主さんもユーチューブなどで「くさり編み」など基本的な編み方さえマスターすれば作るのはそんなに難しくないはずです。

猫さんに首輪作ってあげる喜びを多くの飼い主さんと分かち合いたいなと思い、今回100均首輪のパーツを使ったかぎ針編み首輪を紹介させて頂きました。

これからかぎ針編みを始めようと思っている方へ♪

ヴォーグ社から出版されている「新・かぎ針編みの基礎」がおすすめです。

とても分かりやすく、かぎ針編みの基礎はこれ一冊あれば他の本は必要ありません。ヴォーグ学園の講義でもテキストとして使われています。

ぜひ参考に♪

いちばんよくわかる新かぎ針編みの基礎 日本ヴォーグ社刊 ニットブック 編物NV70260

価格:1100円
(2024/5/13 22:00時点)
感想(1件)

この記事を書いた人

かぎ針で編んだ猫の首輪を制作し、minne(ミンネ)とCreema(クリーマ)にて販売を行っています。

目次