【ミモザと小さなお花のリース】かぎ針編みの猫にやさしい首輪の作り方。制作過程はこんな感じです♪

猫の首輪

こんにちは!

首輪嫌いの猫さんにも無理なく着けてもらえる「やさしい首輪」を!

をコンセプトに、かぎ針で編んだハンドメイド首輪を制作、販売している「アトリエ・クルミィ」です。

現在は主にminne(ミンネ)とCreema(クリーマ)に出品しています。

アトリエクルミィ
minne(ミンネ)のショップはこちら
Creema(クリーマ)のショップはこちら

今回は私のショップの中で特に売れ筋の作品の「ミモザと小さなお花のリースのかぎ針編み首輪」の制作過程をご紹介してみようと思います。

普段どのように首輪を作っているか雰囲気を感じていただけたら嬉しいです(#^^#)

ミモザの首輪
白猫

こちらの 首輪のご購入は
アトリエ・クルミィのショップから♪↓
価格は1,980円です。
minne(ミンネ)のショップはこちら
Creema(クリーマ)のショップはこちら

目次

制作過程

STEP
モチーフのパーツ作り
首輪の道具

首輪を作るときはまずはモチーフなど必要なパーツ類から作ります。 

今回作るモチーフのパーツは「まるいミモザの黄色い花」、「リース部分」、「白いお花」です。

細かい手作業ですが楽しい工程です♪

STEP
モチーフ組み立て
ミモザのモチーフ

モチーフを縫い合わせます。

猫さんが触っても絶対に取れたりしないように、ここはしっかりと縫い付けます。

かなりテクニックのいる工程です。

STEP
首輪本体を縫い上げる
猫の首輪

首輪の本体を縫い上げ、アジャスターなどのパーツを付けます。

ここで首輪の長さを確認します。

STEP
バックル取り付け
猫の首輪

首輪本体を編んだ時の糸端を使ってバックルを縫い付けていきます。

STEP
モチーフを本体に縫い付ける
猫の首輪

最後にミモザのリースのモチーフを首輪本体に縫い付けます。

STEP
完成!
猫の首輪

出来上がり―(#^^#)

完成品と制作過程で出た糸くずの山です♪

最後に

キジ白の猫

この「ミモザと小さなお花のリースのかぎ針編み首輪」は私の他の作品と比べてモチーフのパーツ類がとても多く、しかもお花の部分が立体的になっています。

着けてもらった猫さんが爪で触ったり、毛繕いをした際にも絶対に取れないように一つ一つのパーツをとても頑強に縫い付けています。

しかもその縫い目が外からは見えないように処理しています。

安心して猫さんに着けてあげて欲しいと思います。

アトリエ・クルミィではできるだけ猫さんにストレスのかからない首輪を!という思いをもって一つ一つ心を込めて制作しています。

首輪嫌いの猫さんたちに気に入ってもらえると嬉しいです。

こちらの 首輪のご購入は
アトリエ・クルミィのショップから♪↓
価格は1,980円です。
minne(ミンネ)のショップはこちら
Creema(クリーマ)のショップはこちら

この記事を書いた人

かぎ針で編んだ猫の首輪を制作し、minne(ミンネ)とCreema(クリーマ)にて販売を行っています。

目次