【金木犀モチーフの首輪】かぎ針編みの猫にやさしい首輪の作り方。制作過程はこんな感じです♪

猫の首輪

首輪嫌いの猫さんにも無理なく着けてもらえる「やさしい首輪」を!

をコンセプトに、かぎ針で編んだハンドメイド首輪を制作、販売している「アトリエ・クルミィ」です。

現在は主にminne(ミンネ)とCreema(クリーマ)に出品しています。

アトリエクルミィ
minne(ミンネ)のショップはこちら
Creema(クリーマ)のショップはこちら

今回は「金木犀モチーフの首輪」のご注文をお受けいたしましたので、その制作過程をお届けしようと思います。

普段どのようにかぎ針編みの首輪を制作しているのか雰囲気を感じていただけると幸いです。

猫の首輪
猫

こちらの 首輪のご購入は
「アトリエ・クルミィ」のショップから♪
価格は1,980円です。
minne(ミンネ)のショップはこちら
Creema(クリーマ)のショップはこちら

目次

制作過程

STEP
首輪本体を作る
猫の首輪

まずは鎖編みと細編みで首輪本体を作っていきます。

STEP
花びら・葉っぱのパーツを作る
猫の首輪

花びら、葉っぱ、茎を作ります。

細かい作業です。

編む力加減を均等にすることが大切です。

猫の首輪
STEP
首輪パーツの取付

セーフティバックル、アジャスター、小判カンを付けていきます。

STEP
金木犀のモチーフを縫い付けて完成!
猫の首輪

本体に編みあがったキンモクセイのモチーフを縫い付けて完成です。

最後に

この金木犀モチーフの首輪はオレンジ色とくすんだカラーの首輪本体が何となく和風で懐かしい雰囲気のある首輪です。

飾り部分の幅は広くとってありますが、飾りの縦幅が首輪本体の幅に収めてあり、かつ平面的なデザインです。

猫さんが着けた時の華やかさはありますが、首輪が猫さんの邪魔になりにくく、首輪が苦手な猫さんに特におすすめな首輪になっています。

わが家の愛猫「くるみ」にも秋の季節に着けてあげていた首輪です。

「くるみ」も実は首輪が苦手なのですが、この首輪は嫌がることなく着けてくれました。

首輪が苦手な猫さんへは、

  1. やわらかい素材の首輪
  2. 小さい飾りの首輪
  3. 飾り無しの首輪

を選んであげてくださいね♪

猫の首輪

こちらの 首輪のご購入は
「アトリエ・クルミィ」のショップから♪
価格は1,980円です。
minne(ミンネ)のショップはこちら
Creema(クリーマ)のショップはこちら

この記事を書いた人

かぎ針で編んだ猫の首輪を制作し、minne(ミンネ)とCreema(クリーマ)にて販売を行っています。

目次