【いちごモチーフの首輪】かぎ針編みの猫にやさしい首輪の作り方。制作過程はこんな感じです♪

いちごの編みぐるみ

こんにちは!

首輪嫌いの猫さんにも無理なく着けてもらえる「やさしい首輪」を!

をコンセプトに、かぎ針で編んだハンドメイド首輪を制作、販売している「アトリエ・クルミィ」です。

現在は主にminne(ミンネ)とCreema(クリーマ)に出品しています。

アトリエクルミィ
minne(ミンネ)のショップはこちら
Creema(クリーマ)のショップはこちら

今回はアトリエ・クルミィの中でも売れ筋作品の「いちごモチーフのかぎ針編み首輪」の制作過程をご紹介してみようと思います。

普段どのように首輪を作っているか雰囲気を感じていただけたら嬉しいです(#^^#)

いちごの首輪
首輪をした猫
三毛猫

こちらの 首輪のご購入は
アトリエ・クルミィのショップから♪↓
価格は1,980円です。
minne(ミンネ)のショップはこちら
Creema(クリーマ)のショップはこちら

目次

制作過程

STEP
首輪本体を編む
猫の首輪

まずは首輪の本体を編みます。

この首輪の首輪本体は波型のツートンカラーで編みます。

STEP
首輪本体へパーツを取り付ける
猫の首輪

出来上がった首輪にアイロンをかけます。

アイロンをかけることでパーツを取り付けやすくなります。


猫の首輪

アイロンをかけた首輪本体にアジャスター、セーフティバックル、丸カンを取り付けていきます。

STEP
編みぐるみを作る
いちごの編みぐるみ

いちごの中身に綿を詰めていきます。

大変細かい作業ですので爪楊枝などを使って入れていきます。


いちごの編みぐるみ

いちごのヘタを取り付けます。

外れないように丁寧に縫い付けます。



いちごの編みぐるみ

いちごの粒粒を刺繍糸で一つ一つ丁寧に縫い付けていきます。

かなり細かい作業で集中力を必要とする工程です。


いちごの編みぐるみ

モチーフが出来上がりました。

並べるとなんだか可愛いですね♪

STEP
首輪本体にいちごの編みぐるみを縫い付ける
猫の首輪

猫さんが触っても取れないように、しっかりといちごの編みぐるみを首輪本体に縫い付けます。

縫い付けた糸が外から見えないように隠しながら丁寧に縫い付けます。


猫の首輪

いちごは少し角度を付けて取り付けます。

いちごの花と葉っぱを縫い付けて完成です♪

STEP
完成♪
猫の首輪

ポップでカラフルな首輪の出来上がりです。

いちごの編みぐるみは小さめですが、実際に猫さんに着けたら結構インパクトのあるデザインなんですよ。

最後に

茶トラの猫
白猫

この首輪にはいちごの編みぐるみが2つ付いているので、完成までに一番時間がかかる作品です。

ですが、赤とピンクで色違いのいちごを2つ付けて使用する色数を増やすことでカラフルな印象になり、よりかわいくし上がるんです♪

最初はいちごを1つだけ付けて試作品を作ったのですが、お客さまに「2つ付けた方が可愛いのでは?」とのご意見をいただき今の形になりました。

お客さまからのご要望には自分では気づかなかった配色やデザインなど学ばせていただくことが本当に多いです。

これからも作品についてのご意見をいただけると嬉しいです♪

それではまた!

こちらの 首輪のご購入は
アトリエ・クルミィのショップから♪↓
価格は1,980円です。
minne(ミンネ)のショップはこちら
Creema(クリーマ)のショップはこちら

この記事を書いた人

かぎ針で編んだ猫の首輪を制作し、minne(ミンネ)とCreema(クリーマ)にて販売を行っています。

目次